中央地域づくり協議会

本文へスキップ

施設利用案内

施設利用案内


施設の申し込み方法や注意事項について
 →「貸出施設の使用について」(PDF)


<お知らせ>
当施設はお一人様だけでのご利用はご遠慮いただいております。団体様のみのご利用に限らせていただいております。
なお、令和元年5月1日(水)より多目的ホールおよび音楽室4のご使用は、適正使用をはかるために5人以上の団体に限らせていただきますのでご了承願います。



<利用回数について>
 1か月に利用できる回数は、原則として1室1回4時間以内で月2回まで利用可能です。ただし、1回あたり4時間をこえ、8時間以内の場合は2回の利用とみなします。(例:月1回あたり5時間利用の場合は2回の利用とみなします。ただし、1日の利用時間の限度は8時間以内とします。)
 利用の予約は、前月1日から受け付けします。ただし、翌月の予約を既に2回されている場合であっても、前月の20日以降であれば空き状況により、2回分の追加予約が可能です。
(例:5月1日〜5月19日の間に6月1日〜6月30日の予約を2回した場合、5月20日以降にさらに空き状況により2回分の予約が可能)






音響設備について
 プロジェクター、スクリーン、マイク等を使用する場合はご利用日の3日前までにご連絡ください。3日前以降の申し込みの場合、準備等の調整の関係でご利用いただけない場合がありますのでご了承ください。(部屋により使用不可の機器もございますのでお問い合わせください。)




お客様内でのご案内方法について
 お客様内又は参加者の方に広報やチラシなどでご案内する場合、部屋の名称を必ず記載してください。




施設利用料

施設利用料について詳細 (秋田市中央市民サービスセンターのページにリンクします)

・部屋の使用料は、営利目的でない場合は無料です。趣味・ボランティア・地域活動・ 営業に結びつかない活動以外の利用の場合は営利目的(間接的営利目的含む)となり ます。
 
 営利目的に該当する例:
 ○将来、営業利益に結びつくもの、事業所(個人経営含む)の運営にかかわる使用。
 ○専門の講師、インストラクターの方が主催し、受講料を徴収して使用する場合。
 
 なお、営利・非営利の判断は当施設で致します。

・営利目的の場合、次のとおり有料となります

(1時間あたり)
 多目的ホール 2,050円 
 和室 1室 200円 
 洋室(洋室4を除く) 1室 200円 
 洋室4 1,230円 
 音楽室 410円 
 調理室 410円 
 陶芸工作室 410円 

・次の設備を利用する際は、営利非営利を問わず設備使用料が必要となります。
(1時間あたり)
 多目的ホール 照明器具  50円 
 調理室 調理器具  150円 
 陶芸工作室 陶芸窯  250円 

※増税に伴い令和元年10月より使用料が変更になります。
 
消費税の税率引き上げに伴う施設使用料の改定について(PDF画像)




館内図






各部屋の詳細

収容人数や面積など各部屋の概要について
 →「センタース各部屋概要について」(PDF)



<お部屋紹介>

多目的ホール

※土足禁止です。必要に応じ、内履き又はスリッパをご持参ください。
照明を付けた場合照明代金を徴収致します。
収容人数:240人



洋室1
収容人数:12人



洋室2

収容人数:18人


洋室3

収容人数:18人


洋室4



※机を設置した様子です。
収容人数:80人



洋室5

収容人数:12人


洋室6

収容人数:12人


和室1

※鏡が付いています。
収容人数:24人


和室2

収容人数:24人


和室3
収容人数:18人



和室4(お茶室)

※炉、茶釜のみ有ります。
収容人数:6人


音楽室1

※土足禁止です。必要に応じ、内履き又はスリッパをご持参ください。
収容人数:12人


音楽室2

※アップライトピアノ1台有ります。
収容人数:24人


音楽室3

※アップライトピアノ1台有ります。
収容人数:30人


音楽室4

※土足禁止です。必要に応じ、内履き又はスリッパをご持参ください。
鏡有ります。
収容人数:54人


調理室

※IH調理台が5台有ります。
土足禁止。必要に応じ、内履き又はスリッパをご持参ください。

収容人数:30人


陶芸工作室1

収容人数:12人


陶芸工作室2

※陶芸窯1台有ります。
収容人数:24人








中央地域づくり協議会ビルダークリニック

〒010-8560
秋田県秋田市山王一丁目1番1号   秋田市役所中央市民サービスセンター内 3階
TEL 888-5644
FAX 888-5645
Mail sc7@centers.ec-net.jp

センタースface book


<お願い>
スマートフォンの方は画面を横向きにしてご覧ください